top of page
  • iwasangansan1215

製品名や機能より伝えるべき事!

BtoBマーケティングプロセスは、大きく3つに大別されます。


①集客

②リード発掘

③契約に向けた商談


①②③の全ての領域に応じた施策が必要になるのですが、

そこでは、必ず何かしらの情報に触れるわけです。

商品情報に始まり、その機能性、課題解決方法、導入事例etc・・


企業ウェブサイトやウェビナー、展示会などでは、

様々な情報が発信されているのですが、圧倒的に足りないのが、表現力の乏しさです。


相手が知りたい、見やすいワードに置き換えて、表現されているかという視点が

今の日本企業には圧倒的に不足しているように感じます。


例えば、製品名称を大々的に謳い挙げる。

顧客が欲しているのは、製品名ではないんですけど、それを知ってもらおうとする。

表現の主語が、製品になって、付随する説明も売り手目線のものになってくる。


極論、製品名を知らなくてもいいから、課題解決に繋がるモノを欲している訳なんですよね。



補足資料の英語表記を日本語に変換する事なく、コピペしたものをそのまま提示していたり










閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高品質な情報は、低コスト営業マンだ

営業マンの仕事は、概ね顧客ニーズを高め、見極めて、その商品の必要性を説き、説得する事にあります。極論、接点のない人から「これ下さいな」で済めば、それにこした事はありません。

大衆化ワードと紐づけて集客

商品機能さえ知ってくれれば、きっと買ってくれるという発想の根強く トレンドやターゲットの知りたい情報と組み合わせて、訴求する事が苦手な企業が多い

留言


bottom of page